水素濃度の高い水|美容のことなら水素水に任せちゃおう|人気爆発中

水素濃度の高い水

ウォーター

少量でも十分な摂取が可能

人間の体には、1日に約2.5リットルの水分を与えることが必要とされているのですが、その約半分は食事で補給できます。したがって飲み物は、約1リットル飲めば良いと言えます。そして昨今では、その1リットル分の水分補給を、水素水でおこなう人が増えてきています。水素水を飲めば、そこに含まれている水素によって、体内の細胞が酸化しにくくなるからです。つまりただの水を飲む場合よりも、健康に良いということです。ところが毎日1リットル分もの水素を用意することは、簡単ではありません。しかも1リットルも水素水を飲めば、それによってお腹が膨らみ、他の飲み物をおいしく飲むことが困難になります。そのため多くの人が、高濃度水素水を利用しています。高濃度水素水なら、水素濃度が高いため、少量を飲むだけで十分な量の水素を摂取できます。また、飲む量が少ないのですから、他の飲み物でも水分補給をすることができるのです。

最高値を超える濃度

水における水素濃度の最高値は1.57ppmとされていますが、これは水が自身の力で保つことのできる水素濃度です。つまり、他のものの力を借りれば、水はより多くの水素を保持できるということです。たとえばアルミパウチに高濃度水素水を入れれば、水はもちろん水素もそこから出ていくことができなくなります。これにより、高濃度の状態が保たれやすくなります。そのため昨今では、1.57ppmを超える高濃度水素水が、アルミパウチに入った状態で販売されるようになっています。中には5.0ppm前後の高濃度水素水もあり、これはより効率よく水素を摂取できることから注目されています。そして利用により、細胞の酸化による体の衰えの回避に成功する人は、増えてきているのです。